遠赤外線効果が高い土鍋なんです!!

遠赤外線ってよく聞くけど!?

どういうもの??

 

遠赤外線は人間にとって、きわめて有効な波長です。

太陽によって遠赤外線が地球に降り注がなければ、人や生命は生きていけません。

遠赤外線加熱では穏やかな加熱となるために表面の変質を抑えて中まで火が通りやすく、全体を均一に加熱できます。

 

遠赤外線の効果により、食材が奥までじっくり温まり、いつものお料理がまろやかな風味に。さらに水の分子も細かくしてくれるので、スープのコクも深まります。

遠赤外線がなぜお米を甘くするのか?

どんなお米を炊いた時でも、素材本来の甘みが十分引き出される事が一番だと考えています。釜の中で対流させたお米と水に、効率よく熱が加わるほどお米の甘さは引き立ちます。

 

それには「遠赤外線効果」がポイントです。

この土鍋炊飯釜「温たなべ」は土に特殊セラミックを練り込んだ事により、遠赤外線の放射率が最大97%と一般の土鍋より30%以上高いため、お米の内部まできっちりと熱を伝えることができ、お米自体のおいしさを十分引き出す事ができます。 

 

またIT炊飯釜も電子レンジ調理の炊飯器具も、熱の勢いが少なくあまりお米が踊らないため、あえて火を使った土鍋釜にこだわって、制作してもらいました。

 

 

 

空焚きできるのは温たなべだけなんですよ~

通常の土鍋では空焚き厳禁、しないがの鉄則!!

温たなべは空焚き可能です。

 

セラミック陶石をひいて焼くことにより、石焼き芋だって簡単に出来ちゃいます。

 

高い遠赤外線効果によりじっくりと調理☆

火を消した後でも素材が熱を持ち、旨味を最大限に引き出します。

 

従来の鍋の素材に特殊セラミックスを混ぜ、1200度で高温焼成してあるので遠赤外線効果に加え、水を浄化し綺麗にする効果もあります。

 

だから、水が浄化されてご飯を炊くときもさらに美味しく炊けるんです。

このセラミック効果により、普通の水で炊いても天然水で炊きあげのかのような、輝きのあるふっくらとした美味しいご飯が出来上がります。

 

 

大きい取っ手が使い易さをアップ!! ちょっと重いものでも簡単に持てますよ。

大きい取っ手で扱いやすく、他の土鍋と異なり、釉薬も底の部分までしっかりとかけられています。

お客様の声、扱いやすく、テーブルに置いてもかわいいなどの意見も頂いています。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから